動愛法改正に伴うパブコメ  Ⅰ 犬猫等販売業者関係。

もういっぱいいっぱいだ・・・(T▽T)でも助けてくれる人がいる・・・(T▽T)
何が何でも出すぞパブコメ!!!つか、コピペさせてくれる人が(笑 うふ♥
一応自分でもできるとこまで考える。

Ⅴ 虐待を受けるおそれのある事態について
Ⅵ 犬猫の引取りを拒否できる場合について

太字が素案です。薄字がアタシのつぶやき( ̄∀ ̄;)汗


(1)犬猫等販売業の範囲(改正法第 10 条第3項関係)
「犬又は猫の販売を業として行うこと」を対象とする。

犬と猫だけでイイのかな。対面販売は爬虫類まで入ってます。考え中。

改正法第 10 条第3項とは  第1項の登録の申請をする者は、犬猫等販売業(犬猫等(犬又は猫その他環境省令で定める動物をいう。以下同じ。)の販売を業として行うことをいう。以下同じ。)を営もうとする場合には、前項各号に掲げる事項のほか、同項の申請書に次に掲げる事項を併せて記載しなければならない。
 (1) 販売の用に供する犬猫等の繁殖を行うかどうかの別
 (2) 販売の用に供する幼齢の犬猫等(繁殖を併せて行う場合にあつては、幼齢の犬猫等及び繁殖の用に供し、又は供する目的で飼養する犬猫等。第12条第1項において同じ。)の健康及び安全を保持するための体制の整備、販売の用に供することが困難となつた犬猫等の取扱いその他環境省令で定める事項に関する計画(以下「犬猫等健康安全計画」という。)

(2)犬猫等健康安全計画の記載事項(改正法第 10 条第 3 項関係)
① 販売の用に供する幼齢の犬猫等の健康及び安全を保持するための体制整備
※具体的には、幼齢の犬猫の管理体制、
職員の数は必須。できればどこかで10頭につき1人とか規定したい。獣医師との連携等の記載を求める。
② 販売の用に供することが困難となった犬猫の取扱い
※具体的には、販売の用に供することが困難となった場合の譲渡先・飼養先や他の販売業者・愛護団体等との連携の記載を求める。
③ 幼齢の犬猫の健康及び安全の保持に配慮した飼養、保管、繁殖及び展示方法【施行規則規定事項】
※具体的には生後 56 日(経過措置期間中は 45~49 日)までの間の親等との飼養、展示時間の配慮、ケージの十分な大きさの確保の他、夜間展示を行わない等の幼齢の犬猫に係る法令遵守等の記載を求める。

④倒産、廃業、崩壊wした場合の措置


(3)犬猫等健康安全計画が幼齢の犬猫等の健康及び安全の確保並びに犬猫等の終生飼養の確保を図るために適切なものとして環境省令で定める基準(改正法第 12 条本文関係)
① 計画が、施行規則第 3 条の動物の健康及び安全の保持その他動物の適正な取扱いを確保するため必要なものとして環境省令で定める基準、飼養施設の構造、規模及び管理に関する基準、施行規則第 8 条の第一種動物取扱業者の遵守基準に適合するものであること。
② 計画が幼齢の犬猫の健康及び安全の保持上明確かつ具体的であること。
③ 販売の用に供することが困難になった犬猫の取扱いが終生飼養確保を図るため適切であること。
(4)帳簿記載事項(改正法第 22 条の6第1項関係)
① 帳簿には、所有する犬又は猫の個体ごとに、以下を記載する。
1)個体情報

1)マイクロチップ№ ←必須に決まってる。
1)血統書の写し(3代祖以上)

2)繁殖者名(繁殖者が不明な場合にはそれに代わる情報)

3)生年月日を追加する。
下の3)その所有するに至った日に生年月日も含まれるようなのですが、別々に記載するのが望ましいでしょ。

3)その所有するに至った日
4)購入先(譲受先)の名称等
5)販売又は引渡しをした日
6)販売・引渡し先の名称等
7)販売・引渡し先の法令遵守状況
8)販売担当者名
9)説明及び確認の実施状況
(飼養・保管中に死亡の事実があった場合には)
10)死亡した日
11)死亡原因
② 帳簿は、記載の日から起算して5年間保存する(電子的方式により記載・保存する場合も含む。ただし、必要に応じ電子計算機等を用いて直ちに表示できる場合に限る。)。
③ 犬猫等販売業者にあっては、帳簿の記載をもって取引状況台帳及び説明・確認実施状況記録台帳の記載に代えることとする。
④ 帳簿記載事項の根拠となる書類(出生証明書、取引伝票、検案書等)を取得していれば、それらの保存に努める。
⑤ 犬猫等販売業者以外にあっては、取扱業者細目第 6 条第 4 号に規定する取引状況台帳については、販売先の氏名・名称を記載することを明確にする。
(5)都道府県知事への定期報告(改正法第 22 条の6第2項)
① 報告回数は1年に
2回とする。
となるとこの下②も訂正に。半期終了後60日以内。

② 報告は、当該年度の間の結果について、年度終了後 60 日以内に行うものとする。
③ 報告事項は、改正法に定める1)年度開始日の犬猫の所有数、2)当該年度中に新たに所有することになった犬猫の所有数、3)当該年度中に販売・引渡し・死亡した犬猫の区分毎の数、4)年度末の犬猫の所有数 とする。
なお、3)、4)については、当該年度中の月毎の数字を報告する。
④ 報告様式は別に定める。
(6)検案書等の提出命令(改正法第 22 条の6第3項)
検案書の提出命令書の様式については別に定める。

チビチビ付け足す。

パブコメ拡散のためにもポチっといただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

「犬屋敷」に160匹、虐待の疑いで女逮捕

60匹もの犬を自宅で飼い、エサや水を与えずに虐待していたとして、大阪府和泉市の43歳の女が逮捕されました。女の自宅は「犬屋敷」と呼ばれ、周辺の住民から苦情が出ていたということです。

 がりがりにやせ細った犬。通常、体重40キロ以上になるところが、わずか7キロ。大阪府和泉市の元ブリーダー・石井典子容疑者(43)に飼われていました。石井容疑者は自宅でおよそ160匹の犬を飼い、エサや水を与えず虐待していたとして、動物愛護法違反などの疑いで5日逮捕されました。

 およそ100平方メートルある自宅では足の踏み場もないほどダックスフントなどが飼われていて、雨戸は締め切られ、運動もさせていなかったということです。石井容疑者の自宅は「犬屋敷」と呼ばれ、鳴き声の騒音や悪臭による苦情が出ていました。

 「ワンワンワンワン、連続で耳がキーンとなるほど」
 「風向きによったら窓を開けていられない、臭いがきつくて」(近所の人)

 石井容疑者は今年3月にブリーダー業を辞め、その時点でおよそ90匹の犬がいましたが、その後、繁殖して160匹まで増えたということです。取り調べに対し、石井容疑者は「犬は家族なので譲渡したくなかった」などと話し、容疑を否認しています。(05日18:04)

こうゆう人に、犬の繁殖なんてさせたらダメでしょ。1頭だって飼わせたくない。
タイムリーなニュースでしたー。

・・大阪の和泉市ってブルセラのとこでない?