暖簾に腕押し 糠に釘。

Posted on
DCIM1573.JPG

さむー

はじめまして。
私 愛犬日記Ver.7 と言う自ブログで、現在あなた様を糾弾しております、ハンドルネームももちと申します。

数日前よりブログであなた様への要望を公開記事として上げておりましたが
ご覧になっていないようでしたので
折り入って3つほどお願いがありまして本日メールをさせていただきました。

その1 わんわん救助隊と言う名称を使用しないこと
理由:「わんわん救助隊」誰が聞いても「犬を助けてる団体なんですね」と思ってしまいます。
実態が全く違うので、善意の方々の誤解を招かないようその名称の使用は止めてください。

その2 ブログやSNS(facebookやmixiなどのことです)を使用しないこと
理由:不特定多数が気軽に閲覧出来る、便利なツールですが、一見さんなどに誤解を与える可能性があります。ブログやその他SNSを利用して、「犬をたくさん保護している」などと嘯くのは止めてください。現ブログは閉鎖願います。

その3 譲渡会をしないこと
理由:第2種の届出すらできない劣悪な環境なのですから、「譲渡会」などというイベント的な響きは誤解を招く可能性があります。譲渡会を開きたくて、故意に交配させている可能性があるため公に譲渡会を開催しないでください。

以上です。
このメールを無視しても、特にペナルティはありませんがweb上で公開させていただいております。
あなたがその場所で犬とともに存在する限り、一連の記事を削除することはありません。
多くの方に真実を知っていただいているところです。
今後は、今までの所業を反省し、今いる犬をご自分の責任において適切に管理し
もちろん出せる分は出し、行政から指導を受けながら近隣に迷惑をかけないよう
北海道の殺処分数に影響を与えないよう、覚悟と責任と愛情を持って終生飼養してください。

宜しくお願いいたします。

・・・・・
悪質なパピーミル(子犬生産工場)ですが無料
名称は保護団体まがいですが実態は寄付目的の個人の不適切な多頭飼い・・・しかも3桁。
話はできるが、誰もその行動を監視できない。

どなたか名案・・ご提案ありましたら是非お知らせください。
常識的に考えれば、ボラに入って避妊去勢して云々・・・
なのですが、犬を思って何人ものボラさんがチャレンジして結局はいいように利用され
先が見えたところで「もう来なくていい」と言われるそうです。
老人の土地に老人の犬、そう言われたらもう何も出来ません。
もう同じことの繰り返しはただただ犠牲を増やし、現場を長引かせるだけ
老人に、やっぱりこの方法はおいしすぎてやめられないと確信させるだけです。

普通の(?)多頭飼育案件とは違います。
私は手詰まりです(苦笑

わんわん検索でうちの記事も上がれば、支援を少し止められるかな程度です。
しかし今回、しっぽの会代表の発信に便乗して私の知っている真実をアナウンスできたことは
本当に良かったと思っています。
一人でここで糾弾してても、この人ナニ言ってるの?って思われてお終いですが(笑
しっぽ代表のおかげで、発信のきっかけができました。感謝しています。
(若干迷惑をかけた感も・・・ありますが・・・?)
老人が自然に還れば終わらざるを得ない現場なのですが、まだまだ年月がありそうです。
それまでにも少しでも犠牲が減るよう犬を利用していい思いをすることが無くなるよう
今回この件を知って下さった犬達を思う方々には、知らない方に語り継いで(?)いって欲しいなと思います。
(手詰まったので)ひとまずここでわんわん関係は終わりにします。
もちろん何か動きがあれば、また発信しますし、なんとかして終わらせたいと思う気持ちはもう何年も変わっていません。
情報やご提案、ご質問等はいつでも受け付けます。
多くの方に見ていただきたいので、できればコメント欄をご利用ください。
今後とも多くの方に、彼のブログだけでも監視していただきたいと思っています。
犬なのに常に死と隣り合わせの現場の犬達を忘れないであげてください。
どうぞよろしくお願いします。

わんわん救助隊公式ブログ~犬と老人の日記~


6 thoughts on “暖簾に腕押し 糠に釘。

  1. ももち様

    はじめまして。
    ”アニマルホーダー”を検索していたどり着き驚いています。
    私は、今まさに同じような問題を告発した勇気あるボランティアさんを応援している支援者ですが
    この老人と瓜二つと言える悪質NPO【なすアニマルクラブ】ご存知でしょうか?
    もしかしたら、何かお役にたつことがあるかもしれません。
    お時間があれば【元スタッフブログ】検索してみてください。
    今は署名活動をやっています。

    犬を利用して、動物愛護を語る資格のないひどい人たちを、なんとかしたいです。

    • らんさま
      貴重な情報をいただきましてありがとうございます。
      なすアニマルクラブ、お名前だけは存じてますがNPOですらそんなことになっているのですね。
      少しだけ拝見しましたが、NPOや第2種動物取扱業の関係から糾弾→活動停止も容易な感じがしますが
      関わってらっしゃる方々にとってはそうではないのですね。
      役所もなかなか・・・難しい問題だと思います。
      >犬を利用して、動物愛護を語る資格のないひどい人たちを、なんとかしたいです。
      はい、本当にそう思います。
      言葉の話せない動物たちがいつも被害者です。
      見過ごしてはいけないと思います。

  2. ももちさん、こんばんは。
    このブロクで、わんわん救助隊の実態を知り、今までの爺のブログの不思議?が明らかになったことに感謝します。
    今日の爺のブログも何処吹く風ですね。自分を正当化する事ばかりでなかなかです。今まさにわんわんを糾弾する
    第二の波が来ているというのに…。
    私は過去15年前犬の散歩中、捨てられた子猫を6匹も保護して里子に出したことがあります。
    当時一人での里親探しはとても勇気も要り大変でした。ダメだったら自分が飼うしか無いと覚悟の保護。スーパーや銀行の掲示板に写真と付箋を貼ってもらい、やっとの解決でした。ものすごくホットしたことを覚えています。
    飼い主さんが見つかった時は、子猫とお別れの時は、これからの幸せを願ってキャットフードや人のお菓子や他を一緒に付けて送り出しました。我が家では、明治生まれのおばあちゃんの時から子猫を里子に出す時はそうしていたはずです。
    わんわんの爺は全く逆でしょ?理解できませんね。
    ももちさん、少し休んでください。一人での行動はリスクが高すぎます。絶対やめてくださいね。
    りゅうくんや凪ちゃんとの時間を大事にゆっくりしてください。
    (そう言う私も、わんわん爺の悪行が朝から浮かんで…)
    もしも何か行動を起こそうとする時、賛同する人が要る場合はメールくださいね。非力ですが…。
    あなたの心の優しさが伝わてきます。どうぞ無理をしないでください、焦らないで、くれぐれも。この問題は時間が必要かと思いますよ。暫くお休みです。

    • ヒヤシンスさま
      おはようございます、いつもありがとうございますm(_ _)m
      子猫さんたち、ヒヤシンスさんに拾っていただけてラッキーでした。
      6匹もいたのでしたら、ドキドキですね、今と違ってネットの里親募集もほとんど機能していませんでした。
      >ダメだったら自分が飼うしか無いと覚悟の保護
      はい、そうだと思います、保護にしろ飼うにしろ動物に関わることは覚悟のいることです。
      >これからの幸せを願って
      はい、こちらでできる限りのことをしたいと思いますよね。あと20年、幸せに暮らせますようにと・・
      老人は、犬をたくさん出せば出すほどお金やモノでリターンが来ます。
      しかし出戻りのリターンをあまり考えていないのか、あれだけ出戻りがあるのに
      総数が微減というのが・・・何をしているのか・・本当に恐ろしいです。
      >りゅうくんや凪ちゃんとの時間を大事にゆっくりしてください。
      うっ・・・・(;。;)ありがとうございます(;。;) 
      そうしようと終わる宣言した途端に新記事書きましたが(笑
      誰かに優しいなどとは言われたことがありません。ありがとうございますm(_ _)m
      ただ、犬が大好きです^^
      今生きている子はどの子もできるだけ幸せに暮らして欲しいです。
      >もしも何か行動を起こそうとする時、賛同する人が要る場合はメールくださいね。非力ですが…。
      うーーー(; ;)ホロホロ いいえ、そうやってお言葉をいただけるだけありがたいです。
      きっと、そんな時は本当に来ると思いますので、是非ご連絡させてください!(笑 
      本当ですよーーーうふふー。ありがとうございますm(_ _)m
      今後とも宜しくお願いいたします。

  3. ももちさん、はじめまして。
    しっほの会のFacebookからわんわんのことを知り、
    爺のことを知り、ももちさんのblogにたどり着き、
    ここのところ、ずっと気になって毎日blogを読ませていただいていました。
    なにが真実なのか、あの爺さんのblogを読んでいるとわからなくなり、
    私自身も騙されている?かのような感覚に陥ります
    ほんとに怖いですね
    しゃべられない犬を武器に信じられないことをしているのに平然と生きているようですが、
    本人は、今日のblogを読むかぎり、何一つ間違っていることをしているという感覚がないですよね。
    まさに糠に釘。
    かなり手強いと思います。
    犬達は幸せなのかな?
    真実はあの場所まで足を運べばわかるのでしょうか?
    考えれば考えるほどわからなくなります。
    小さいお子さまもいらっしゃるのに、
    本当に毎日お疲れさまです。
    微力ですが、大勢の力が集まれば何かが変わる。
    そう信じてますので、一人で抱え込まず、みんなにできること呼びかけてくださいね。
    私も協力します!

    • ちゃぽさま
      はじめまして、コメントいただきましてありがとうございます。
      また、この件に関して関心を持ちご理解いただき感謝です。
      >なにが真実なのか、あの爺さんのblogを読んでいるとわからなくなり、
      >私自身も騙されている?かのような感覚に陥ります
      >ほんとに怖いですね
      はい、本当にそう思います、天性の何か(?)を持っていると思います。
      この10年以上こうやって、「犬を保護している」「非営利のボランティア」などと虚言を吐きながら
      生きてきたのでしょう。
      おそらくご本人も何が本当で何が嘘なのかわからなくなっているのだと思えます。
      なので、その言葉に自信が満ちあふれるのだと思いますし
      そうしていかなければ、生きていくのが辛いのかもしれませんね。
      最近、この件で現地に赴いてくださった方のブログがあるようですよ^^
      是非探されると良いと思います。
      犬は・・・・・他と比べることを知りません。
      今を受け入れ、その日を生きていく中で幸せと言うことも知りません。
      犬たちの運命の全てが人間次第だからこそ、犬好きの一人として
      良くない部分は変えていきたいと思っています。
      >そう信じてますので、一人で抱え込まず、みんなにできること呼びかけてくださいね。
      ・・・(;。;)ありがとうございますm(_ _)m 引き続き老人ブログを監視していただけましたら幸いです。

Comments are closed.