今だから思うこと。

Posted on
DCIM1275.JPG

ただいまって、ドア開けるとき
毎回じゅぴいますようにって一瞬祈るんだけどやっぱりいないの。

凪さんはもうずっと前からぐーぐー寝てて気付かない&出てこない。(;A´▽`A
・・・・・はずだったんだけど、最近一人だってことに気づいたようで、毎回迎えに出てくるー。ビックリ。
それでね、おかえりーってとても嬉しそう。やっぱり寂しいんだね・・・
凪もだんだんじゅぴの存在の大きさが分かってきたもよう。遅いけどね。

さて忘れないうちに書いておく。
今だから思うこと兼病状まとめ。

じゅぴは生まれてからアレルギーとか持病とか基礎疾患はありませんでした。
生後8ヶ月で去勢して以来、手術もありません。

2012年11月初旬ごろから 片側性の鼻水症状あり

2012年11月18日 ドッグドッグのレントゲンにて脾臓に怪しい所見
2012年12月01日 脾臓エコーにて病変確認
2012年12月03日 脾臓針生検実施 ⇒ 髄外造血(12/8)
2012年12月08日 鼻水の抗生剤など服用開始
このころ、血統、犬種、年齢等から内臓(脾臓)腫瘍を疑い、針生検で髄外造血と言われるも
念の為の脾臓摘出を検討、同時に鼻水症状が1ヶ月間内服薬他を色々試しても好転しないため
鼻腔内視鏡を予定していた。

2012年01月06日 肝数値の原因不明の上昇があり、脾臓摘出延期。
脾臓の病変よりも(とりあえずは針生検で髄外造血と結果出てるため)鼻水のほうが気になり
酪農大学に予約を入れてもらう。
このころ、原因不明の消化不良?エサ倍量でようやく体重維持。

2013年01月24日 酪農大学にてCT検査 異常所見無 鼻水については【わからない】
腫瘍の先生にCTで脾臓含め全身を見て貰っていて、この時 (見える)脳腫瘍は無かった(はず)
この間も、定期的に血液検査、(頭部)レントゲン、(脾臓・肝臓)エコーなどで経過観察。
服薬により、肝数値も徐々に下降。

2013年03月09日 鼻水症状の緩和を目的としてステロイド投与開始。

ステロイドの副作用か、異常に元気、食欲もありご飯も増やしてる割に体重が増えないのが不思議だった。

2013年04月01日 突然動けなくなる。
       血液検査の結果、肝数値が跳ね上がっており、ステロイドの影響だろうとのこと。
       3日間点滴に通い、なんとか復活。

2013年05月01日 また具合悪くなり、病院へ行くが原因分からず。
        血液検査の数値はまだ正常値ではないが良くなっている。
       ステロイドは2日に1回4分の1錠 ⇒ その後極力飲ませないようにする。
   
2013年06月15日 鼻水が酷い時に、頓服的にステロイドを飲ませることになったが、飲ませると異常に体調がいい。
        「今日体調が良さそうなのは、昨日の夜にステロイド投与したためと思われる。
         と言うことは、ずぴの不調の原因は、どこかの炎症か、鼻水のせい?」
        と、日記に書いているのでこの時すでに脳腫瘍に効いていたと思われる。
2013年06月22日  血液検査の結果が良く、本人も調子が良い。

2013年07月07日  血液検査良好、心電図で不整脈と言われるも
        「心臓自体に問題があるわけでなく他にどっか・・」と先生が発言していたらしい。
2013年07月27日  藁にもすがる思いで3週連続してオゾン療法と鍼灸を試すも効果なし。

2013年08月03日  血液検査異常なしにもかかわらず、具合が悪い。
2013年08月06日  甲状腺機能の結果異常なし。具合が悪いので心臓を疑われる。
2013年08月17日  ふらつき、自立困難にもかかわらず、血液検査心電図異常なし。 

2013年09月14日  専門医CT検査で延髄付近の脳腫瘍が確認される。
2013年09月21日  永眠

ステロイドの量とかもっと事細かに書きたかったけど、限界です。

結果的に鼻水を止めるために使っていたステロイドが、いつからかは不明ですが
脳腫瘍に効いていたと思われます。
延髄付近の脳腫瘍で、外科手術も不可能だったため
良く考えれば「最速で対症療法できた」んですよ。

でももし、生検や手術のできる腫瘍だった場合、鼻水止めるのに飲ませたステロイドのせいで
症状の発見、検査、処置が遅れたってことも考えられるんだと思います。
それが取ればなんとかなるものだったとしたら?
考えただけでもぞっとしました。

「ステロイドは副作用が怖い」って良く聞きますが
本当に怖いのは、「他の症状も隠してしまう」ことなんだと思います。

その「他の症状」が命にかかわる疾患の症状だった場合、後悔することにもなりかねないので
本当に他に異常が無いのか入念にチェックした上で使わないといけないと思いました。

犬は、飼って経験してみないとわからないことだらけで・・・本当にごめんねって思います。
経験しても・・ちゃんとはわかってあげられないよね。