今日もさむーい。わんわん記事追記しました。

Posted on
DCIM1499.JPG

マイナス6℃。
散歩の行きはノロノロなのに、帰りは小走りな凪ちゃん激写。
まー…、家が好き?ってことで、まーいっか。

今日のわんわんネタは・・・・
子犬について・・がいいかな。
日本人は子犬好きと言われます、それも小さければ小さいほどもてはやされるそうです。
犬を飼ってみれば、子犬なんてなんも可愛くない(いや、見た目は可愛いんだけど)
って、わかると思うんですが、一緒に年数を重ねた犬のツーと言えばカーと鳴く関係は
何ものにも代えがたく・・子犬なんて比べものになりません。
アタシの周りには年数重ねなくても老犬好きが多いですがw
そして、そーゆーアタシも子犬から飼ってますが。

わんわん救助隊の子犬は
(飼い犬、野良犬問わず)母犬から乳飲み子を強奪してきて(これを保護したと表現します)
飼い主の側に置いている未避妊の雌犬に乳母をさせ、人馴れ犬馴れをさせながら、
良い頃合いまで育成すると言うものです。
良い頃合いと言うのは、ペットショップもびっくりの生後1ヶ月少々・・・?遅くて2ヶ月。
タイミングが合えば離乳中でも渡します。
3ヶ月にもなると、管理が大変ですし貰ってもらえないことを良くおわかりなのです。
自分で書いてて・・・その巧妙さに呆れてきました。
これは・・・
エサはタダですから、野良犬にもエサをやり、産まれたら回収し、育成し、無料と言って渡す。
非常に効率のいい生産体系ができあがっています。
たまに、子犬の里親さんから寄付や支援物資がきます。
・・・・出す子犬の数は多ければ多いほど、たくさんの寄付が集まりますね・・・
なんだか自分で書いてて怖くなってきましたのでもう止めます。

こんな事がまかり通ってていいのでしょうか・・なんか泣けます・・・
犬を・・・なんだと思ってるんだ・・・

わんわん救助隊公式ブログ~犬と老人の日記~


4 thoughts on “今日もさむーい。わんわん記事追記しました。

  1. なんか、ほんとに合法的にあたし達に出来る事はないんだろーかね…。
    てか、そちらの温度の低さにびっくり。
    うちの犬、今8歳で、なかなかこれがコミニュケーションとれて、ワガママもすくなくなって「ハイハイ」って仕方ない顔しながらもこっちに合わせてくれて、すごくいい感じ。中年サイコー。若犬にはあの渋さは出せないわねー 笑。ね、子犬子犬って日本はウルサイよね。自分歳とってても子犬がいいんだもんねー。やんなっちゃう。

    • なおさん、おはよー
      >合法的にできること
      うん、考えてくれてありがとーです。・・・でもね、たぶん無い。
      真実を伝えるのみかな、あとは飼い主が死んだ後の犬達への支援とか・・・?
      8歳はいいわ、心も体も充実してて一番いい時アブラのりのり・・・シニアとか言うけど全然でしょー。
      なおさん、結構毒舌だよねwいやほら、引継者とかいれば、別に歳とっててもww

  2. 人が子犬を選びたいのは、見た目の可愛さだけではないと思います。
    犬の寿命は人と比べると本当に短いです。
    家族となる犬を選ぶ時に、少しで長く一緒にくらいしたいと思うのではないでしょうか。
    少なくとも私はそうです。
    問題は子犬を欲しがる人が悪いのではなく、その心理をもついた手口だと思います。
    あの人は、一ヶ月未満の子でも里子に出しちゃうようですね。
    子供を強奪された母犬は、子を探してさまよい、他の犬にやられてしまったりもするようです。

    ところでももちさん、このコメント欄以外にもあなたにメッセージを送る方法はありますか?

    • さざなみさま
      コメントいただきましてありがとうございます。
      おっしゃるとおり、当初「日本人の子犬好きを巧みに利用した手口」
      という趣旨のエントリーにするつもりで書いていたんですが
      書いてるうち凹んできまして途中でやめてしまいました。ダメですね、意味不明なだけでした。
      ご指摘いただきありがとうございます。
      あの現場を直接ご存知なのですね。
      もし宜しければ  nagijupi@yahoo.co.jp  こちらへご連絡いただければと思います。
      よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Comments are closed.