わんわん救助隊 ラジオの擁護記事。

Posted on

マイナス13℃

DCIM1547.JPG

さむー……くもない。

1月10日 リアルミニッツ!!

さて、CM明けはわんわん救助隊コーナーです!!
今年最初のわんわんコーナーはちょっと変なお話。
どなたが送られたのでしょうか。
また、今さんを誹謗中傷するメールを送られた方がいらっしゃいました。
こちらは今さんのブログで詳しい内容をご紹介していると思います。
今さんと交流してきました沢山の方々は、
今回のお話が言いがかりのようなものということは十分わかっています。

まぁ、沢山の方に支えられ、有名になるということは、
そういうやっかみなども入るということでございますので、
むしろこういう事が起こるほど今さんががんばってこられたのだと感じます。
今さんは石狩の担当の方やボランティアで協力してくださっている方たちと
連携を取り、改善できるところは少しずつでも改善し頑張っておられます。
主観や悪意がどうしても混じってしまう、ブログや個人の意見を鵜呑みにせず、
もう少しちゃんとお調べになり、ご自分の目で確認されるのがいいと思います。

以上です!!

色んな言葉の使い方が間違ってるような気がしますが・・・・
(人のことあんまり言えませんが・・)
最後の一文はそっくりそのまま返したいぐらいです・・・。

犬を知らない方々が老人を擁護するのも無理もないのかもしれません。
だからと言って犬を知らない、状況を見続けていない方が無責任に発信することには問題があると感じます。
もう少し、深刻に考えて欲しい、発言に責任を持って欲しいと犬飼いの私は思いますが
雑種の犬っころの生き死にを深刻に考えろと言う方に無理があるのでしょうか。
またブログ記事を色々と添削したくなりましたが、自粛します。
悪意があるわけでなく、むしろ善意の行いだと思い込んでいる(?)方々をあまり責めたくはありません。
ただ、早く気づいてと発信するだけです。

質問のつもりのメールを私も送りましたが、誹謗中傷ととられていたのなら残念です。
ラジオの方は私のブログを発見してくれていそうですね。
名誉にかかわることですので何か事実に反する記述などがありましたら
私の電話番号をお伝えしますので nagijupi@yahoo.co.jp まで、ご連絡いただればと思います。

私はただ、善意の犬好きがその名称に騙されないよう、不幸な犬がこれ以上発生しないよう
粛々と事実をアナウンスし、永遠にネット上に残していくのみです。

ちなみに最初にアップされた文章が以下です。
上と比べて変わっているのは・・・・・

さて、CM明けはわんわん救助隊コーナーです!!
今年最初のわんわんコーナーはちょっと変なお話。
どなたが送られたのでしょうか。
また、今さんを誹謗中傷する全くの出鱈目なメールを送られた方がいらっしゃいました。
こちらは今さんのブログで詳しい内容をご紹介していると思います。
今さんと交流してきました沢山の方々は、
今回のお話が根も葉もないことだというのは十分わかっています。
今更こんなメールを、言葉をかけられたところで無駄です。
まぁ有名に、人気に、沢山の方に支えられるということは、
そういうやっかみなども入るということでございますので、
むしろこういう事が起こるほど今さんが有名で頑張ってこられたのだと感じます。
今さんは厚田の市長さんともじきじきにご挨拶などをされる方ですので、
もう少しちゃんと調べてみるのがいいと思います。
以上です!!

出鱈目な が消されていたり、根も葉もない も消されていますね。
出鱈目・・・ではない、根も葉もなく・・はない。
と気づかれたのは正解です。ありがとうございます。
指摘するまでもなく、「厚田の市長」と言うあたり、全くわかっていないことが露呈されております。
(北海道に「厚田市」は存在しません。)
公人やヤクザに知り合いがいる、みたいな手口は一般的にそういう世界で良く使われるようですが・・・
私も、もう少しちゃんと調べてみるのがいいと思います。
是非よろしくお願いいたします< (_ _)>


10 thoughts on “わんわん救助隊 ラジオの擁護記事。

  1. 全く持ってその通りだと思います
    皆の願いは爺をやっつける事では無く
    行き場の無い命を増やすな!と…
    今いるワンコ達を見殺しにするのではなくて
    キチンと管理・去勢避妊して健康に、衛生的に飼養しなさいと言う思いのはずです>_<
    他人との接触に犬をだしに使うなと!
    この爺は孤独なんですね…
    人は自由といつぞやの記事に書いてありましたが…
    やっていい事と悪い事があるって話です
    年齢的には人生の大先輩なハズなのに…
    記事の中身で心中ご察しします
    やりきれない思いも強いかと思います

    • 暴れ熊さま
      うっ 図星なコメントありがとうございます。
      余命幾ばくも無い老人を責めたくないですよ、本当に。
      多くの方がそう思うでしょうね、しかしそれさえも結果的に利用しているような発言をします。
      (老人をいじめてーみたいな)
      しかし誰かが言わないと終わらないです。言っても終わらないかも知れませんが・・・。
      >皆の願いは爺をやっつける事では無く
      はい、そうです。たまに品の無い言動をしたりしますが^^;気をつけねば。
      >他人との接触に犬をだしに使うなと!
      >この爺は孤独なんですね…
      暴れ熊さま、かなり調べられましたね、私もそう思います。
      お金もそうですが、子犬がたくさんいれば、周りに人が集まり応援してくれる、
      (一人しかいないのに)代表を名乗り自分を中心にして動いてくれるというのが
      この上なく気持ちいいのだと思います。
      そのダシが犬で無ければ私もスルーしていましたが、可愛い可愛い犬たちなので・・・
      犬がダシで無ければ本当に良い言葉の並ぶ、良いブログですしね・・・感謝満杯。

  2. リアルミニッツ今日も聞けないですが、コメント内容見るかぎりラジオ局の方は実態を知らない、知ろうとしない、もし誹謗中傷ではなく事実なら今まで信じてきた浅はかさを認めなくてはならなく、かなり自分にとって痛みを伴う作業になるかと。
    しかし、自分可愛さからたくさんのわんちゃんを犠牲にするのは本当の自分ではない事に気付いてくれる事を願います。
    同じ様な内容でラジオ局にも送ります。
    少しづつでも広がる事を願います。

    • たまにゃんさま
      そうですね、こちらがものすごく深刻に考えているのに
      そのうすっぺらい雰囲気や発言に本当に温度差を感じます。
      たかが犬っころ、どうなってようが興味もなく、忠告さえも「誹謗中傷」
      多くの方が「おかしい」と気づいているのに・・・・・です。
      普通に耳を傾けてはくれないものかと思っていましたが
      >今まで信じてきた浅はかさを認めなくてはならなく、かなり自分にとって痛みを伴う作業に
      を読んで、そうだなぁと・・素直に受け入れるわけにもいかなくなってくるのかも知れませんね。
      ラジオだけは今まで支援してきた責任もあるでしょうから
      100頭の犬と老人をまとめてきちんと面倒を見て欲しい。管理して欲しい。
      そう言う道もありなのかなと、最近思いますが妄想でしょうかね・・・・妄想ですね。
      そういった他の道が無理だと思うので、支援を絶とうと言うことです。
      たまにゃんさま、いつもご尽力ありがとうございますm(_ _)m

  3. ももちさん、こんにちは

    このミニッツさんのブログ内容、昨日の午前と午後では違います。
    午前中は
    「市長うんたら・・・」で、もっと強気でした。
    わたし、一応両方とも画像保存してあります。

    放送中に、意見とリクエストメールしましたが、
    読まれませんでした。
    今日は あっという間に終わりました。

    良い方向にむかいますように・・・・・祈

    • まいまいさま
      おはようございます。ご協力感謝いたしますm(_ _)m
      こっそり付け足しましたのでご確認ください。
      私も全部は聞けませんでしたが、昨日の放送を聞きました。
      もう、誹謗中傷とは言われず、きちんと他人の意見も聞いてくださりそうですね。
      本当に、良い方向へ向かうことを祈らずにはいられません。
      老人に近い方々の対応が今後に大変大きな影響を与えると思います。
      期待したいです。

  4. こんばんは!先ほどリアルミニッツ初めて聴きました。
    老人に対しての相当な数の重い内容のコメントが届いていて、この件に関しては先週とは扱い方が違って、熟読してから答えてくれるそうですね。
    今回は誹謗中傷という扱いではなかったです…が、回答を是非とも聴いてみたいですね。
    やはり『救助隊』というのが、誤解を招く原因になっているなと、ラジオを聴いて思いました。(ひとりだけなのに)
    でも確実に、みんなが考え始めたという事ですね。
    いろいろな意見はあって当然だと思います。
    老人を擁護する人もいれば反対の意見もあるでしょう。
    老人がアニマルホーダーでなく本当に救助隊(ひとりだけど)であれば、他者の意見を聞き入れたくさんのボランティアを募り、犬達の幸せのために尽力してくれると思います。
    皆さんからどんな内容のコメントが届いたのでしょうね…。
    これからブログで発表されるかな?
    ラジオ番組側と老人のコメントに注目したいと思います。

    • たろまめさま
      おはようございます。私も飛び飛びでしたが初めて聞きましたー。
      大変視聴率が良かったのではないかと思いますね。嬉しくないかもしれませんが。
      はい、真摯に対応していただけると言うことでやっとここまできたかと言う感じがあります。
      今まで色んな意見が誹謗中傷と言われ無視され続けて来たこともあり、
      みなさんのご協力のおかげ、また色んなタイミングが重なった結果だと思います。
      >やはり『救助隊』というのが、誤解を招く原因
      はい、そう思います。本当に今後もその名称を使い続けていいと思うのか、
      実態はどうなっているのか、じっくり精査していただき
      放送で発表していただければと思います。
      しかし5時から6時1日のうちで一番忙しい時間帯、いつ発表されるのかと待っている状況、
      今日は時間が無いのでーと言われた時の、がっかり感・・・
      次回は録音にしておこうと思いました^^;
      >でも確実に、みんなが考え始めたという事ですね。
      はい、本当に嬉しいです。犬たちにも少し光が当たるかもしれません。
      魚の話よりも犬の状況を聞きたいです。
      >ラジオ番組側と老人のコメントに注目したいと思います。
      はい、本当にみなさんのおかげです。引き続き注視していきましょう。ありがとうございます。

  5. ももちさん、こんにちは
    載せて下さってありがとうございます。

    こうして並べて読んでみると、ずいぶんと違いますね。
    書いた方が、気がついたという事でしょうか。
    午前中には無かった
    「石狩の担当の方やボランティアで協力してくださっている方たちと
    連携を取り、改善できるところは少しずつでも改善し頑張って・・」という一文は
    行政指導されている事を、表現しているのでしょう。

    改善し頑張って・・・そして、全頭去勢、ちびワン子の生ませない場所になりますように!。

    話し変わりますが、スポンサーの刃物屋さんの包丁、すごく良いのですよ。
    子供の頃、栄養関係の学校に通いましたが、学校の卒業記念品が、
    憧れの「宮文の牛刀、ネーム入り」でした。
    わたしのは、実母にあげてしまいましたが、
    30年愛用している知人もいます。
    ちょっと高いけど、一生使えます。
    昨日のラジオを聴いていて、「宮文」懐かしく思い出しました、
    余談でした。

    • まいまいさま
      ラジオの担当の方もきっと、試行錯誤?なのでしょうかね。
      お金や他人や他の動物の命のかかった事柄を
      確信の持てないまま発信するのはやはり軽率ではないのかなと思います。
      改善し、頑張って・・・・うーーん・・・・そうですね、期待したいですね。
      >話し変わりますが、スポンサーの刃物屋さんの包丁、すごく良いのですよ。
      まぁ、そうですか、なんだか嬉しくなりました。
      お品物の良さは技術力や伝統や色んなものに支えられて「憧れの~」になるのだと思いますから
      今回の件に関しても、信頼を損なうような判断はされないように思います。
      ただ、知らなかっただけ、知ろうともしなかっただけなのだと思いたいです。
      私もしばらく静観してみたいと思います。
      いつでも再開の準備をしながら。

Comments are closed.