わんわん救助隊 曖昧さ。

Posted on

しっこちゅー。

DCIM1564.JPG

雪・・・多くないけど少なくもない…
凪たんもあんまり喜ばない。

わんわん救助隊概要はココ
わんわん救助隊関連記事はこちら

本日のわんわんネタ・・・「曖昧さ」です。

これまで、「個人の多頭飼育崩壊現場」と書いてきました。
こんなことに定義があるのかわかりませんが
崩壊とは「多数頭を自身だけで面倒を見られなくなった状態」を指してきたつもりです。
現に、犬のエサはほぼ全てをよそから貰ってきています。(無料だそうです)
犬にエサをやってるだけですので、他にお金はかかりません。

良くある多頭崩壊レスキューでは、飼い主が動物の所有権を放棄することも前提となっていますが
わんわんでは、エサはよそから貰っていますが所有権は放棄していませんし
自分が死ぬまでは放棄するような様子もありません。

以下2013年12月31日のブログから。

>皆様の励ましにより
>生涯を残された犬達の為に
>頑張れます
>そして
>現在97匹のわんちゃんと
>わん爺から
>心からの感謝を申し上げます

厳密に「多頭飼育崩壊」とは、飼い主が所有権も放棄して初めて
「崩壊」と表現する場合が多いかも知れません。(そうするとレスキューに入れるわけです)
これが一つの曖昧さ。(結構どうでもいいですね)

そしてもう一つは・・・責任の所在です。
私は犬が好きでただそれだけの理由で、犬に代わってわんわんを拙ブログで糾弾しており
(犬はみんな良い子なので、そんなことは望んでないと思いますが)
(最初はしっぽの会の援護射撃のつもりだったのですが)
責任の所在の200%は老人にあると思っていますが
しかし過去に
石狩鮭祭りや愛護フェスティバルで子犬を配る段取りを付けたのは
役所であったという事実もあり、
老人の責任は198%ぐらいかもしれないと思うときもあります。
わんわんに関わる全てに共通して言えるのが、良かれと思ってしたほんの少しのことが
老人に信用を与え、その行為を助長させ「誰も見ていないのだから故意に産ませれば良い」
と言う考えに至らせたのだろうと思います。
「子犬がたくさん産まれれば、多くの人やお金やモノが集まる」
ことを学習してしまった老人を200%責めることは出来ないのかも知れません。

そしてアニマルホーディングという精神疾患があることも
この機会に知っていただければと思います。
殺人を犯しても、精神疾患があれば常人のようには裁かれないようですから
その点も実は考慮すべき事なのかも知れません。

だからといって可能性として、その全てを知った上で計画的に人を騙していることも
否定出来ませんし、犬の扱いに関しては最悪だと思うので、私のスタンスは変わりません。

わんわんを手伝ったことのある方が事実に気づき、老人に信用を与えるような
ネット上の記載や、できれば看板などを責任を持って下げていただければ
今後の勘違いも減るかも知れないと思います。
ただ、しっぽのFBでもアナウンスがあったように、個人のブログにわざわざメールするのは
良くないですよね。うちは良いです^^ クレームご意見ご提案お待ちしております。m(_ _)m


わんわん救助隊 降板。

Posted on

朝の運動。ぶれぶれ。

DCIM1562.JPG

専ら室内追いかけっこ。

わんわん救助隊概要はココ
わんわん救助隊関連記事はこちら

善処していただけたようで感謝です。
ラジオの方々の、賢明なご判断に本当に心から感謝申し上げます。
ここを見てくれているかわかりませんが
金曜日の視聴、御社のサイトを確認後、該当リンクと引用記事は削除いたします。

しっぽの広報力と、一連の話を理解し、支持してくださった皆様にも感謝です。

ご本人だって、自分の所業が世間にばれれば、今までお世話になった方や
現状お世話になっている方に
迷惑をかけるだろうことぐらいわかっているはずなのです。
恩を仇で返すような、そんなこともしらっと出来るやり手でございます。
他人に指摘され、やっとの降板、遅いぐらいだと思います。
ばれないなら、このまま行こうと思っていたのですね。

他にお世話になったり迷惑をかけている方はいませんか?
ご自分から身を引くのが礼儀ですよね。
ご自分のしていることは本当に正しいと思われますか?
繋がる命だなんて、口が裂けても言えないはずですよね?
どうぞ思い出してください。
あなたが見殺しにした、たくさんの犬達の顔を。
あなたが存在しなければ、苦しんで死ぬことも無かったたくさんの命に・・・
この機会に、どうかもう嘘をつくのをやめてください。


わんわん救助隊 ラジオの擁護記事。

Posted on

マイナス13℃

DCIM1547.JPG

さむー……くもない。

1月10日 リアルミニッツ!!

さて、CM明けはわんわん救助隊コーナーです!!
今年最初のわんわんコーナーはちょっと変なお話。
どなたが送られたのでしょうか。
また、今さんを誹謗中傷するメールを送られた方がいらっしゃいました。
こちらは今さんのブログで詳しい内容をご紹介していると思います。
今さんと交流してきました沢山の方々は、
今回のお話が言いがかりのようなものということは十分わかっています。

まぁ、沢山の方に支えられ、有名になるということは、
そういうやっかみなども入るということでございますので、
むしろこういう事が起こるほど今さんががんばってこられたのだと感じます。
今さんは石狩の担当の方やボランティアで協力してくださっている方たちと
連携を取り、改善できるところは少しずつでも改善し頑張っておられます。
主観や悪意がどうしても混じってしまう、ブログや個人の意見を鵜呑みにせず、
もう少しちゃんとお調べになり、ご自分の目で確認されるのがいいと思います。

以上です!!

色んな言葉の使い方が間違ってるような気がしますが・・・・
(人のことあんまり言えませんが・・)
最後の一文はそっくりそのまま返したいぐらいです・・・。

犬を知らない方々が老人を擁護するのも無理もないのかもしれません。
だからと言って犬を知らない、状況を見続けていない方が無責任に発信することには問題があると感じます。
もう少し、深刻に考えて欲しい、発言に責任を持って欲しいと犬飼いの私は思いますが
雑種の犬っころの生き死にを深刻に考えろと言う方に無理があるのでしょうか。
またブログ記事を色々と添削したくなりましたが、自粛します。
悪意があるわけでなく、むしろ善意の行いだと思い込んでいる(?)方々をあまり責めたくはありません。
ただ、早く気づいてと発信するだけです。

質問のつもりのメールを私も送りましたが、誹謗中傷ととられていたのなら残念です。
ラジオの方は私のブログを発見してくれていそうですね。
名誉にかかわることですので何か事実に反する記述などがありましたら
私の電話番号をお伝えしますので nagijupi@yahoo.co.jp まで、ご連絡いただればと思います。

私はただ、善意の犬好きがその名称に騙されないよう、不幸な犬がこれ以上発生しないよう
粛々と事実をアナウンスし、永遠にネット上に残していくのみです。

ちなみに最初にアップされた文章が以下です。
上と比べて変わっているのは・・・・・

さて、CM明けはわんわん救助隊コーナーです!!
今年最初のわんわんコーナーはちょっと変なお話。
どなたが送られたのでしょうか。
また、今さんを誹謗中傷する全くの出鱈目なメールを送られた方がいらっしゃいました。
こちらは今さんのブログで詳しい内容をご紹介していると思います。
今さんと交流してきました沢山の方々は、
今回のお話が根も葉もないことだというのは十分わかっています。
今更こんなメールを、言葉をかけられたところで無駄です。
まぁ有名に、人気に、沢山の方に支えられるということは、
そういうやっかみなども入るということでございますので、
むしろこういう事が起こるほど今さんが有名で頑張ってこられたのだと感じます。
今さんは厚田の市長さんともじきじきにご挨拶などをされる方ですので、
もう少しちゃんと調べてみるのがいいと思います。
以上です!!

出鱈目な が消されていたり、根も葉もない も消されていますね。
出鱈目・・・ではない、根も葉もなく・・はない。
と気づかれたのは正解です。ありがとうございます。
指摘するまでもなく、「厚田の市長」と言うあたり、全くわかっていないことが露呈されております。
(北海道に「厚田市」は存在しません。)
公人やヤクザに知り合いがいる、みたいな手口は一般的にそういう世界で良く使われるようですが・・・
私も、もう少しちゃんと調べてみるのがいいと思います。
是非よろしくお願いいたします< (_ _)>


わんわん救助隊 見取り図。

Posted on

環境省の資料によると3ヘクタールの敷地とあります。

DCIM1542.JPG

この見取り図は、昔のボラさんが良かれと思って作ったのでしょう。
現在でも思いっきり利用しています。ご丁寧にわん爺にいただきました。

わんわんブログにご本人のお名前住所電話番号がありますので
Googlemapに住所を入力して航空写真にして、一緒に見ていただけると理解が深まるかと思います。
敷地が広く、原野に数カ所のお粗末な柵を設けてその中に数十頭づつ犬がいます。
コンテナやプレハブのような建物も点在します。
犬小屋も所々に置いてありますが、係留されてるわけではなく
柵の中は自由に行き来しています。

名刺もアップしたいとこですが、自粛します。
名刺はカラーで
「テレビ、新聞で報道のボランティアドッグレスキュー わんわん救助隊」って書いてあります。

・・・・・罪に問えないのでしょうか。

名称差し止め請求とかって、昔アーク(まともな愛護団体)がアークエンジェルズ(詐欺団体)にしてましたが
商標のようなものじゃないとダメなんでしょうかね?
「わんわん救助隊」の名称だけでも使えなくすれば、騙される方も大幅に減ると思います。
同時に、寄付を募る場合は「管理不十分で増えてしまった飼い犬にエサをやるためにお金を下さい」って言わないとダメにするとか。

もしくは出演してるラジオのギャラを、犬100頭とわん爺が不自由なく食っていけるだけ出してもらって
今後寄付を募ることは一切無いようにしてもらうとか。

・・・使えない妄想ばかり、無力で本当に申し訳ありません・・・・・


まったり。・・・わんわん救助隊元ボラさんへ・・・追記しました。

Posted on

実家に来るとテンションアップで、あとぐったり。

DCIM1539.JPG

わんわん救助隊概要はココ
わんわん救助隊関連記事はこちら

わんわん救助隊の元ボラさんて、ここを見てくれているでしょうか。
思いのたけを吐き出しながらわんわんブログ見ていたら
だんだん腹立たしいのが再燃してきたので(いつものことで^^;)
とことん公表していきたいのですが
実際にボランティアに入って、思ったこと感じたこと問題点や改善案など
何でもいいので情報をいただけないでしょうか。
私はボラに入ったことが無く、自分の見たこと(本人に)聞いたことをここにアップしていますが
ボランティアさんだとまた別の視点があるのではないかと思いました。

匿名、フリーメールなどで大丈夫です。
ですが、できれば実際に入ったことのある方のお話が聞きたいのと
ここで公表しても良い事実であること
nagijupi@yahoo.co.jp
こちらのメールアドレスまで、是非情報をお寄せください。

お仲間に元ボラさんがいらしたら、情報を求めていることを是非お知らせください。
ボランティアさんは、犬を思う気持ちは人一倍だと思います。
あの現場を終わらせることはできないまでも
犬を利用していい思いをさせないよう、ご協力お願いいたします。

しっぽ代表の「殺人を犯した宗教団体も、生き残り活動を広めています」と言うのを見て
そうだなぁと思って・・・・
いつも正義が勝るとは限らない、悪が滅びるとは限らない
いやな世の中です。
あ、でもこの続きは「支援をゼロにする事は出来ませんが一人でも気が付き支援をやめて頂けるように・・・」です。
まさにその辺りを目標にしていきたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。


わんわん救助隊 何か出来ないのか。

Posted on

意地でも写真を付ける意味はあまりありません。愛犬日記なので、一応^^

DCIM1536.JPG

わんわん救助隊概要はココ
わんわん救助隊関連記事はこちら

さて
大方の関心事は「どうにかならないのか、何か出来ないのか(誰か何とかしろよ)」と言うことだと思います。

結論から言うと私には良案は思いつきません。
が、諦めたくないので考えてみました。

まず誰しも頭に思い浮かぶのは、「役所へ連絡」
現在、石狩市役所(石狩市畜犬取締り及び野犬掃とう条例)、江別保健所石狩支所(狂犬病予防法)、石狩振興局(動物愛護管理法北海道動物愛護条例)の各担当が協同で指導を行っているようです。

役所関係の方、法律や条令に明るい方、間違いや過不足などありましたら是非ご指摘ください。
と言うか全体的に教えてください(´ー`A;)

行政指導って任意であり強制力も無く、従う義務も無く・・・ってwikiに書いてあるんですが、それって全く意味をなさないですよね。
意味の無いこと税金使ってやっている?まさかね、そんな馬鹿なことないですよね。

・・・私は、勉強不足知識不足でこのエントリーを正しく完成できそうにもありません・・・
一番大事なところなのにすみません・・Orz

推測の域を出ませんが、私がわかることだけ書いてみます。

行政が指導するのは法令を順守させること
例えば石狩市の畜犬条例での適正飼養を守るように、保健所管轄の狂犬病予防法の登録や注射をするように
動愛法や道愛護条例はネグレクトの無いように、繁殖制限するように、逸走の無いように
こちらも適正飼養もありますね、これらを指導します。
おそらく柵は大丈夫?とか死体が転がってない?とかそんな感じでしょう。
個体識別もしていませんから、柵の外に犬がいても「野良です」でおしまいです。

おそらく、この10年こういう状況でやってきて、途中ボラさんが入ったりで環境が改善され
産まれたり死んだりを繰り返しながらも、全体の頭数は徐々に減ってきているわけです。
行政で問題にするのは、法令違反の部分であり徐々に数が減っている以上
特に新たな問題が浮上しない以上、このまま行くのだと思います。
しかし私が問題だと思うのは管理も出来ないのに産ませて保護だと言っては譲渡し、
寄付を募っていることです。
目が届かず多くが苦しみ死んでいるにもかかわらず、いけしゃーしゃーと「繋がる命を大切に」と嘯いてる部分です。
しかし「管理も出来ないのに産ませて」の部分が、「産まれちゃうから仕方ない」「野良だもん」と言われ堂々巡り、逃げ道がたくさんあるので話をするだけ疲れます。
この違法性のない(しかし極めて悪質で用意周到な)部分を行政に指導しろとは難しそうです。

では警察です。
「狂犬病予防法違反で告発」これって誰にでも出来るのだそうですよ。
通常は、行政が指導して指導に従わないとか、悪質な場合、行政が告発に踏み切るようです。
栃木で1メートルの檻に犬8頭だか入れて3頭が死骸で糞尿が1トンだか溜まってて・・
みたいなニュース最近ありましたけど、そんな誰が見ても虐待状態の案件でさえ
行政が個人を告発するのは異例で、全国3例目だそうです。
本当に警察にも法律にもうんざりですが・・・

話を戻して一個人でも告発出来ますが警察が受理するのか、その辺はわからないです。
今考えればいいように丸め込まれた経験があります(私に)
20万円以下の罰金だったと思うのですが、罰金払って貰っても
今後100頭の犬を大切に飼うとは思えないし、繁殖制限いきなりしはじめるとも思えないし
警察に逮捕して貰ってもあまり犬にとって良いことは無いと思います。
所有権剥奪できればそれもいいのかもしれませんが、剥奪まで出来ないと思います。
この問題が知れ渡り、盛り上がってくれることは嬉しいのですが、長年見てきてる側としては、今更感もかなりあります。

今はひたすら世間にこの問題を知って貰い、間違った支援をしないようにお願いをし
飼い主が死ぬのを待って、1頭でも保護できる体制を整えておく。

こんなことしか思いつきません。本当にすみません。
尻つぼみになりましたが・・・
何か考えていただけると嬉しいです。

参考に 静岡県小山町  犬の多頭飼育を解消するため、飼い主を募集します

こんな行政もあります。でも、現場のボラさん的にはやっぱり色々あるようです。
お金だけでも行政が管理してくれるといいのかなぁと思ったりもしますが。
考えると眠れないの、わかります。


寒波?

Posted on

わんわん救助隊ブログから訪問してくださった方へ

わんわん救助隊概要はココ
わんわん救助隊関連記事はこちら

DCIM1537.JPG

今のところたいしたことないです。
凪ちゃんも余裕の表情。

わんわん救助隊ブログの「わんわん救助隊応援ソング繋がる命」って言う曲
とっても良い歌で、歌ってる方もかっこよくて素敵ですよ。
是非youtubeで聞いてみてください。

わんわん救助隊と絡めさえしなければ良かったのに・・・・
考えが浅くてイタいです。

実態と照らし合わせると、この曲名もまずくないですか・・?
命繋がるどころか犠牲にしてるわけですから。

あ、そうそうセンターの子犬、嶺泊の犬だと思いましたよね。私も思いました。
一般人が、譲り受けたときは毛が生えてたけど皮膚病が悪化してきて捨てたか
老人は南郷のパン屋さんへ行くのに平和通り付近を通りますのでその時にポイしたか
↑追記、もうパン屋には行っていないそうです。

いずれにしても管理されない繁殖は犬を不幸にするだけです。
エサをやってる企業にも責任がありますが、わかっているのかいないのか・・・。

年末に子犬を数匹保護したって記述がわんわんブログにあったと思って探したのですが
消されたかな、今は見当たりません。
たくさんの方が、ブログだけでも監視してくださることを望みます。


わんわん救助隊 添削。

Posted on

週末寒波来るそうで。

DCIM1534.JPG

寒くなってきました、マイナス4℃

わんわん救助隊概要はココ
わんわん救助隊関連記事はこちら

ただいま「わんわん救助隊 何か出来ないのか」のタイトルで執筆中ですが(エラソーダネ
法律に明るくないため時間がかかりそうです。

その間に、ちょっと昔のある日のわんわんブログの添削をしたいと思います(アナタダレ

わんわん救助隊について少し書きましょう、

>ここは趣味で多頭飼いをしている所ではありません、
趣味なら寄付は募りませんものね。

>田舎でノンビリ老後を趣味の、小さな飛行機で飛びながら、の夢が実現して厚田の故郷へ戻りましたが、
>その内、犬との出会いが、
>大きく生き方を変える事になり、途中を省きますが現在に至っております、

その途中が大問題なのですが。

>現在、
>わんわん救助隊は、
>北海道の関係機関、石狩市の関係機関、保健所の指導を受けながら、相談を頂きながら、
>関係機関と一体になって保護、管理をしている場所です、

不適切な飼養、近隣への迷惑行為があるといけないので、指導をしているだけです。
「一体になって保護、管理」は完全な虚偽の表現です。

>土曜、日曜、祝日以外の毎日、市の担当部署の方が車で巡回、して頂いております、
前述の理由で市民を守るためであり、わんわんに頼まれてるわけではありません。

>何かがあれば直ぐに相談、指導を受けながら、犬達を保護、
保護ではありません。管理出来ないまま所有しているだけです。

>利口で役所の檻や眠り薬も効かず、敷地内を出入りしている、ノラの子犬、
>ダンボール箱に入れて置いて行く子犬、

天候にかかわらず、出入り出来るのですね。

>こんな子犬達の為に石狩市は鮭祭りなどのイベント会場に場所を提供を頂いたり、
野良の子犬や置いていく子犬ではなく
飼い犬が産んだ、若しくは「エサをやっている野良」が産んだ子犬が大多数です。
自分に責任は無いことを強調したい表現です。

>また、
>わんわん救助隊が独自に譲渡会をボランティアさんのお手伝いを頂いて、
>救助隊が保護した子犬の他に、多頭飼いで子犬が生まれ放題の所から引き取り里親さんに家族
>として迎えて頂いております、

「救助隊が保護」は誤りです、もうおわかりですね。
「多頭飼いで子犬が生まれ放題の所」って・・・自分の所だと思うのですが、棚に上げてこの記述です。
長年虚偽の発言をしていると、自分でもそう思い込んでしまうのでしょう。

>ここは非営利のボランティアで運営している場所です、
もう全く意味がわかりません。

>180匹が現在は120匹を切るりまでに、
なぜ減ったのかはご想像にお任せします。数に含まれない生まれ続けてる分は常にいます。

この記事はまだ続きますが、元ボラさんが特定出来そうなのと
元ボラさんともめてる話?など私は良くわからない部分なのでこれで終わりにします。

最後にこんな記述がありました。
>ご意見ご指導、そのためにはどうしたら良いかご教授下さい、大歓迎です。
この記述の通り、話はとても良く聞いてくれます。良いおじいさんです。
ただ、その行動を誰も監視出来ないので、話をしても、もう無駄です。


支援するなら・・・

Posted on

暖かい朝です。昨日と写真が変わらない・・

DCIM1530.JPG

写真じゃわかんないけど、かなり気温がゆるんでます。+3℃
今日は嶺泊の犬たちも過ごしやすいと思います。

今日のネタは少し一般的なお話です。

私はひろしまドッグぱーくのアークエンジェルズ(現エンジェルズ)以来
基本的には動物愛護団体を信用していません。2006年ごろの出来事かな?

精力的にやってるなーと思ったらいつの間にかいなくなったり
あのお金はちゃんと使ってくれたかなと思うことが結構ありまして
以下のことは絶対に必要だと学びました。

1. 寄付を募っているのなら、収支報告をしていること
2. 動物の出自を明らかにしていること
3. 法令を遵守していること
4. 動物を殖やさないと言う認識をしっかり持ち、実行していること
5. 所在を明らかにしていること

NPOならとりあえず1と5はクリアですが・・・NPOだから安心と言うことでもないようです。
あとはやっぱり悪い噂も無く長らくコツコツ続いてること
代表の考え方が表に出ていることなんかは判断材料になります。

支援をすることがあれば、参考にしてください< (_ _)>
間違った支援は動物のためにならないどころか、わんわんのように悪化させる場合があります。
わんわんは・・・こんな風に考えるまでも無くただの多頭飼いなのですが、それでも
(わかってて?)支援してしまうのですから、本当に心からお願いします< (_ _)>

動物は飼い主を選べない のと同様に
保護団体や保護主も選べない。

ちなみに私の好きな(?)団体さんは地元しっぽの会はもちろん
ちばわんさんとか、やっぱりエンジェルズと戦ったオリバーさんとことか
わざわざ芦別の猫手術に来てくれたみなしごさんとか(署名集めてるそうです)
日本全国老舗の優良団体さんがたくさんあるので、わざわざ新興団体を支援するのは危険だと思います。
多くがいつの間にかいなくなります。
優良団体がたくさん出来るのは嬉しいことなのですがね・・・


わんわん救助隊 懸念。

Posted on
DCIM1529.JPG

昨日の記事のコメント欄、なぜか閉じておりました。
直しましたので、よろしくお願いします。

愛犬日記をうちの凪ちゃんが産まれてから飛び飛びですが(;^_^A
続けているのですが、もう凪ちゃんも15歳目前、この日記の最期の仕事と思って
わんわん救助隊の糾弾に取り組んで行く所存です。
大切な思い出のたくさん詰まった日記で・・・気持ち的には複雑ですが・・・
犠牲はできるだけ少ない方がいいですし、殺処分だけが可哀想なわけでなく
心ない飼い主のせいで悲惨な立場に今もいるたくさんの犬たちを知って欲しいです。
しっぽの会も、飼い主のいる犬猫に手は出さないってコンセプト?だと思うので
FBでの啓発はかなり異例なのではないでしょうか。

本日のわんわんネタはタイトルの「懸念」です。

わんわんは色んなところで譲渡会と銘打って子犬を無料で配ってきたのですが
その最たる会場が「お盆時期の国道231号線」です。
お墓参りや海帰りの車で毎年大渋滞(田舎の大渋滞でしれてますが)します。
その国道脇で、のろのろ走ってくる車を狙って子犬差し上げますの看板を掲げています。

興味本位で降りてきた方々に、生後1ヶ月ほどの子犬を見せて渡します。
普通に考えれば、犬を飼うつもりなんて全くないはずの方々が子犬を持って行くわけです。
大切に15年飼ってもらえれば良いですが、入手が安易なら手放すのも安易な場合が多いです。
わんわんの実態が知れ渡れば、犬にとっては無関係な事情にもかかわらず
そんなところの犬だったのかと、犬にとばっちりが行かないかと懸念しています。
分別のある方でしたら、犬に罪はないしどこから来ようが大切な存在であることは
変わりは無いはずですし、むしろあそこから生きて出られたことを幸せに思って欲しいのですが
わんわんブログにあるように、出戻りもかなりあるようですので、なんのケアもされずに
何百と譲渡された犬たちの行く末を案じずにはいられません。

犬はどこから来ようが皆一様に可愛く、守るべき存在であるはずです。
だからと言ってどこから入手してもいいわけではないと思います。
パピーミルや、わんわんのような似非保護活動家がのさばるのはなぜか
考えていただければ幸いです。それこそ犬たちのために。