大寒。

Posted on
DCIM1560.JPG

ふわふわパウダースノー。
マイナス12℃

今時期は寒くて寒くて老犬や、免疫低下して毛が抜けたりしてる犬には辛いだろうと思います。
治療なんて夢のまた夢、弱いものには死が待っているだけ。
それを見てこう思うんでしょうか。
自分への言い訳として・・・

>すべての物はやがて元へ戻ります、
>自然から生まれ自然へ帰ります。
>間違えた人生も素晴らしい人生に
>変える事が出来ます、

・・・・犬を道連れにしないでください・・・。

おそらく飼い主があそこにいる限り、解決は無いと思います。
以前にも書きましたが、その行動を誰も監視できないからです。

理想はやっぱり、全頭保護です。
でも半野良だから、捕まえるのすら困難だろうと思います。
でもやっぱり個別にしないと犬同士殺しあうのでね・・・・

理想は理想。
あそこが存続するだけで、犬がたくさん死んでるのです。

考えても考えてもどうすることもできません。本当にごめんね・・・・


快晴でした。

Posted on
DCIM1558.JPG

凪ちゃんにあんまり付き合えなかったけど。

わんわんがらみで考えることがたくさんあります。

①生体展示のペットショップの裏には、パピーミル(子犬生産工場)という酷い現場があって
ショップで買わなければ、悲惨な生涯を送る犬もいなくなるわけなのです。

②無料で子犬を配る譲渡会の裏には、わんわんという酷い現場があって
わんわんから貰わなければ、悲惨な生涯を送る犬もいなくなるわけなのです。

似てますね。
どちらもそこから子犬を入手する人が後を絶たない。

①動物取扱業者は、利潤を追求しますから、ある意味、その行為
(親犬を犠牲にして子犬を換金すること)
は正当で納得の出来るものと言えます。(言えるのか?)
生まれて初めて業者を正当だと発言しました(苦笑)

②わんわんが悪質だと思うのは、悪事の上塗りとして
「善意の保護主を装い、寄付を募っているから」です。

やっていることは、悪質な繁殖業者以上だと言うことです。
あれ?結局わんわんネタ書いてる。

犬なのに、暖かい家庭を知らないまま、無念の中死んでいった何百頭の犬たちの魂が
じゅぴの魂を通じてアタシに話をさせてるの。

・・・やばい、壊れてきた(笑



結構積もりました。

Posted on

コメントいただいていた「わんさま」
スパムに回ってましたので、解除しました。申し訳ありません。

DCIM1540.JPG

グリグリする日は調子の良い日。
意外と暖かいマイナス3℃

寒波が来ていた3連休は引きこもってました。お散歩フォトも毎日同じだし・・

わんわん救助隊概要はココ
わんわん救助隊関連記事はこちら

昨日わんわんが出した子犬、本当に小さいです。

小さいうちに出すと、犬にメリットはありませんが
わん爺にはメリットがたくさんあるのですよ。
・母(若しくは乳母)犬が世話をするので、自分は世話しなくていい。
・ほとんど動かないのでスペースがいらない。
・心身の異常がわからない。
・移行抗体を持ってるので感染症になりにくい。
・ほとんど動かないので「おとなしく可愛い」印象を与え、衝動飼いにはもってこい。
・小さければ小さいほど衝動飼いを促せる。
・良く人に馴れる。(これは犬にとってもメリットですね)
・寄生虫による症状もまだ出てこない。

子犬がまだ小さくて動けないうちに、母犬から強奪するのです。
3ヶ月とか大きくなれば、捕まえられませんから・・・

悪質なペット業者以上に悪質で巧妙です。
本当に・・・どうすればいいんでしょうね・・。
見て見ぬふりしたいね・・・・





今年もよろしくお願いいたします。

Posted on
DCIM1515.JPG

年末に新しいフードが届き、お試し中ですが、気に入っているようです。
これからは、小袋で色んな味を楽しんでみることにしよう。

新しい年、今年もせめて凪ちゃんが元気で過ごせますように。
アタシのつまみのヤギチーズ、凪も大好きなようで一緒にチビチビやっております。
今年も超だらだらなお正月を過ごしております。

今年も犬達がみんな健康でHAPPYに過ごせますように!


2013年、お世話になりましてありがとうございました。

Posted on

先日の病院で、恐怖のあまり飼い主のマタの間に隠れたつもり。

DCIM1503.JPG

じゅぴのいた年が終わり

じゅぴのいない年が明けようとしています。

これからはずっとじゅぴのいない年月が流れるんだなぁ・・・

寂しいです。

改めて支えてくださった皆さんにお礼申し上げます。ありがとうございました。
ご愛犬たちと良いお年をお迎えください。

じゅぴの死をバネに、2014年も悪徳飼い主や悪徳業者を糾弾していく所存です。
正直いい気持ちはしませんが、しわ寄せはみんな弱い立場の話のできない犬達に来るわけで
知ってて黙って見ているのも、もう限界です。

来年は、今年よりもっと犬猫に優しい世の中になっていますように。