平成23年7月28日 動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集についてⅡ。

Posted on

2011動物愛護管理法改正パブコメ まとめサイト←ここ行けば大体なんでもわかります。
パブリックコメントに意見を出そう!(地球生物会議アライブ)←参考意見例
ruruさん情報 →8月20日(土)現在 環境省のメールボックスが満杯でメールが戻って来るそうです。
週明け月曜日の午後とかに再送or郵送やFAXって手もあります。
いずれにしても期限前に必着でお願いします。

パブコメ・・・・・・  か、書いた・・・・・ 一応14項目。(1個下の記事見てね♪)
もう、パブコメ書いてるとだんだん腹立ってくる・・・・のは前回と同じ(笑
大切なことなので、もし間違ってるとかなんか勘違いしてないかとか
ご意見ありましたら教えてくださいm(_ _)m
まだ追加訂正あると思うけど、とりあえず出せる形にはしようと思います。
ふーーー。長時間イスに座ってるのがキツいっす。
つか、つい資料を隅々まで読んでしまって、業界の言い分に1人腹立ててました(笑
緩和緩和緩和緩和・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・緩和なんてぜってーーーーさせねぇ!!!!!
強化強化強化強化・・・・・でございますよ(* ̄m ̄)うふ
ちかれた・・・ちょっと休憩・・・・続き夜。
はい。夜です。
この宛先に
この件名で
お名前住所電話番号等入れて
コピペで出してーーーーーー!!!!( ̄人 ̄)( ̄人 ̄)( ̄人 ̄)
アタシんじゃなくても誰のでもいいし。お願い( ̄人 ̄)お願い( ̄人 ̄) ←結局泣きを入れる。
念の為、27日(土)じゃなくて26日(金)までに( ̄人 ̄)

メールの件名    「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見
宛先  shizen-some@env.go.jp
1. 意見提出者名 :  
2. 住所 : 〒
3. 連絡先電話番号 :
   メールアドレス :
(1)深夜の生体展示規制
動物への過度のストレスは、消費者のメリットにならない事から
20時以降の生体展示の禁止に賛成です。
長時間の連続展示も禁止し、充分な休息時間を与えるよう規制してください。
規制の対象動物は、犬猫に限らず、哺乳類、鳥類、爬虫類としてください。
動物の売買に関して消費者の利便性を考慮する必要は全く無いので
将来的には生体の、展示販売自体を禁止にしてください。
(2)移動販売
アフターケア、トレーサビリティの確保、動物への過度のストレス他、
単なる展示販売よりも多くの問題のある移動販売は、販売自体を禁止とするべきです。
禁止せず、規制する場合においては別途移動販売規則を作成し、移動距離や展示時間、仮設施設のサイズ等を含めた具体的な数値規制を課してください。規制は必須です。
(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化
命あるものであると言う商品の特性上、返品や取替えが困難であり、消費者の安易な購買行動を抑制するためにも、動物販売時の対面説明と現物確認の義務化に賛成です。
対面説明、現物確認が義務化されれば、インターネットのみの販売はありえませんので
店舗を持たず、ネット販売のみの悪質な業者を監視する方法を検討する必要があります。
(4)犬猫オークション市場(せり市)
生産者、卸売り業、仲介業、小売り業等 業者間の信頼関係の上に取引が成り立つよう、本来犬猫オークションは、法律で禁止とするべきです。
トレーサビリティの確保にも役立ちますし、悪質で違法な業者が紛れる事も防げます。
禁止ではなく規制する場合は、動物取扱業に含め、オークション業者の基準を新たに設定すべきです。その際は、違法行為が行われないよう、情報の公開と透明性の確保が重要です。
オークション業者規制と共に、動物取扱業者の情報をインターネットでも公開してください。
(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
流通・販売する幼齢個体を親等から引き離す日齢の制限に賛成です。
日齢の設定については、海外の一部でも既に事例のある8週齢(56日齢)以降とし規制の手法は、強制力のあるものにすべきです。
5年前から改善の兆しも見受けられないことから、業者による自主規制には反対です。
(6)犬猫の繁殖制限措置
繁殖業者に対して、犬猫どちらについても、初回繁殖年齢の設定、動物の繁殖回数及び繁殖間隔について規制を導入する事に賛成です。
また、繁殖に使用した動物の末路が、放置、放棄、殺害、保健所持込みと非常に悲惨で残酷な例が多々あることから、繁殖用動物の登録確認規定、終生飼養義務も同時に盛り込むべきです。
一方では家族同様と呼ばれ、一方ではゴミ同然の扱いです。
これ以上事業者の自主規制に任せるべきではありません。
海外の事例に倣い、法律で制限してください。
(7)飼養施設の適正化
適正飼養の観点から、動物種や品種、飼養頭数に合わせた施設、檻・ケージ等のサイズや温湿度設定の数値基準を法律により規制してください。
行政による指導・命令等の対応基準が明確になるため、多角的な数値化(例:アンモニア濃度等)に賛成です。
常軌を逸した多頭飼育ができないよう、一定の床面積について、何頭、といった数値基準を設定すべきです。対象動物は、犬猫うさぎに限らず、哺乳類、鳥類、爬虫類としてください。
(8)動物取扱業の業種追加の検討
①動物の死体火葬・埋葬業者
既に死亡した動物を取り扱う業を本法に含めるべきではないと考えます。
②両生類・魚類販売業者
遺棄、放流等により生態系を破壊する事例が増加しているため
動物取扱業に含め、販売説明責任を果たさせるべきです。
③老犬・老猫ホーム
動物取扱業に含めるべきです。
動物のケアが長期に渡ったり、疾病管理をすることが利益にならないので
故意に殺したり、病気や怪我を放置したりする事の無いよう
通常の取扱業とは別の、厳しい規制を設けるべきです。
④動物の愛護を目的とする団体
動物取扱業に含めるべきです。
一般的な動物取扱業とは異なる規制には賛成ですが
詐欺まがいの団体がきちんと排除されるようなしくみが必要です。
⑤教育・公益目的の団体
動物取扱業とする必要は無く、取扱責任者を置く等の対応で良い。
(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
種の保存法、外来生物法、鳥獣保護法、狂犬病予防法等、関連法令違反時における、動物取扱業の登録拒否または登録取消の規定に賛成です。当然の措置と考えます。
法第12条、第19条に新たに明文化してください。
(10)登録取消の運用の強化
行政の立入検査は必ず抜き打ちとし、法令違反の改善指導に従わない場合、即座に登録取消とすべきです。その際、民間獣医師等の専門家に助言を求める体制確保に賛成です。
より迅速に登録取消措置ができるよう改善してください。
また、法令違反時の罰金刑の引上げも検討してください。
(11)業種の適用除外(動物園・水族館)
公的な施設であっても動物園・水族館は、動物取扱業の最たるものです。
法の監視が必要です。適用除外に反対です。
(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)
動物取扱責任者研修を、業種によって適正な細分化をすることには賛成ですが、現行の年1回3時間以上の研修を基本として、さらに具体的な業種間での研修を年数回行ってください。
緩和ではなく、強化です。
(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)
小鳥、小型哺乳類、爬虫類、両生類等は、犬猫ほど飼育方法や生態が知られていない場合もあります。犬猫以外の安価な小動物の販売時説明義務を緩和すべきではありません。
むしろ、より詳細な説明を行うべきです。
(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)
犬猫等の家庭動物は十数年の寿命を持ち、その間に明らかに防げるはずの疾患や問題行動等があれば、飼い主となる消費者に多大な精神的経済的負担をかけることから、知識も良識も倫理観も無い業者は徹底的に排除するべきです。
現行の登録制から今回の改正により、許可制へ、後に免許制にしていく必要があります。

前回のパブコメで、8週齢規制への反対意見が9,500通、賛成意見が200通と言われているのですが、それのソース、やっと見つけた。  前回結果
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


平成23年7月28日 動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集について。

Posted on

2011動物愛護管理法改正パブコメ まとめサイト←ここ行けば大体なんでもわかります。

8月27日(土)の締切りまでこの記事がトップです。 ちびちび追加してます。
あと1日だーひえー( ̄∀ ̄;)汗

環境省がパブコメ募集中です。 8月27日土曜日まで。
平成23年7月28日
動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

ちばわんさん↓呼びかけページ。

pubcom2011_320x120.jpg

渡辺眞子 official blog より引用させてください。
http://www.mako-w.com/Entry/680/
ペットにまつわる事件や問題を前にして、心を痛める人は多いです。
「ひどい」「かわいそうに」と。
そうした現実に、自分自身が関係してるなんて露ほども思わず。
深夜販売やネット販売があるのは、それを利用する人がいるから。
生体を買わなくたって、そこで安売りのペットシーツやおやつを求める人がいるから。
そこに幼い犬猫が展示されるのは「かわいい」と喜ぶ人がいるから。
悪質な業者の元では、繁殖用の犬猫は糞尿にまみれた狭いケージの中で、ぼろ雑巾のようになりながら、ひたすら繁殖の道具として一生を過ごします。
散歩することもなく、名前を呼ばれて抱きしめられることもなく。
愛されることを知らず。
人気の種類を欲しがる人がいるから。
こんな現実、私はいやです。
だから多くの方たちに、問題の根幹に気づいて欲しい。
それから法律を、動物たちを護るものへと変えたい。
あなたは?

サボり期間長すぎたな・・・・アクセス少なすぎ(T▽T) 
今 後悔しても遅いが、致し方あるめぇ。
ささっ 気を取り直してパブコメやります。
今回、なんとしても業者のやらせ票に打ち勝ちたいワケです。(特に8週齢規制)
別に多数決では無いようなんですけどね。
偶然にも通りがかられましたら、パブリックコメントの提出にご協力いただけましたらありがたいです。
大手サイトでもボチボチ取り上げられはじめました。
コピペ可サイトがたくさんあります!
自分で読んだり考えたりするのはちょっと面倒だけど
コピペでメールなら出してあげてもいいよって方、下記サイトを参考にお願いします。
5年に1度の法改正(動物愛護管理法)に係る、大切な大切なパブコメです。
dog actually
ジュルのしっぽ−猫日記−
地球生物会議ALIVE blog動物取扱業の適正化への意見
One Action for Animals(パブリックコメントって何?から説明アリで親切です。)
ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会FreePets
以下、ももちの稚拙な意見。鋭意作成中。使えそうなとこあれば喜んでどーぞー。
(1)深夜の生体展示規制
20時以降の生体展示の禁止に賛成です。
長時間の連続展示も禁止し、充分な休息時間を与えるよう規制してください。
規制の対象動物は、犬猫に限らず、哺乳類、鳥類、爬虫類としてください。
(ホントは生体展示販売自体禁止して欲しいんだけどね( ̄д ̄)この案甘いよな。)
(2)移動販売
アフターケア、トレーサビリティの確保、動物へのストレス他、多くの問題のある移動販売は
販売自体を禁止とするべきです。
(販売するのは店舗だけで充分でしょ。行商反対。)
(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化
動物販売時の対面説明と現物確認の義務化に賛成です。
インターネットオークションは、出品者と買い主の対面販売の確認が困難なため
インターネットオークション自体を禁止すべきです。
(この辺の案件は、ニュースになってました。現物確認なんて当たり前だ。)

ネット取引は対面説明義務化 夜間の店頭展示禁止
 環境省は20日、ペットのインターネット販売について、業者と飼い主に現物確認や対面での説明を義務づけ、ネットのみの取引を禁止する方針を固めた。また、ペットに与えるストレスを考慮し、午後8時以降に販売目的で店頭展示することも禁止する。環境省は、来年の通常国会でこれらの項目を盛り込んだ動物愛護管理法改正案の成立を目指す。
 改正案は、この日の中央環境審議会小委員会で議論された。
 環境省の調査では、ペットの購入先としてネットを含む通信販売やネットオークションを挙げた人は近年、5~7%に上る。委員会では「飼い主がペットと一度も対面せずに販売する方法は、ペットの特性が伝わらず問題」と指摘。感染症拡大などの問題を回避する視点からも、現物確認と対面説明を求めた。
 またネットを含むオークション業者は同法に基づく動物取扱業と明確に位置付け、市場の透明性確保を図る。さらに遺伝性疾患などに対応するため、個体識別による追跡を可能にするよう求めた。高齢の犬や猫などを世話する「老犬・老猫ホーム」も動物取扱業者と位置づけ、規制対象とする。
 一方、大都市を中心に深夜にペットを売る店舗が増加。「ペットへのストレスを考えると規制が必要」として、午後8時以降は展示を禁止すべきだと判断した。営業の開始時間など詳細は今後決める。
 このほか、成長後にほえたりかんだりする問題行動を防ぐため、生まれてから一定期間に達しないペットを親から離して販売することも禁止する。禁止期間について、国内の業界は45日間を主張しているが、海外では56日間の事例もあるとして意見が分かれ、結論は先送りされた。母体への影響を懸念し、出産回数に制限を設けることでも一致したが、具体的な回数は今後協議することになった。【江口一】
 ◇動物愛護管理法改正案骨子
 ・午後8時以降の展示を禁止
 ・インターネット販売では現物確認、対面での説明と販売を義務づけ
 ・移動販売の業者に感染症対策と個体識別による追跡の徹底
 ・オークション、老犬・老猫ホームを規制対象に追加
 ・生後一定期間の販売禁止
毎日新聞 2011年7月21日 2時32分(最終更新 7月21日 9時00分)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110721k0000m040082000c.html

(4)犬猫オークション市場(せり市)
生産者、卸売り業、仲介業、小売り業等 業者間の信頼関係の上に取引が成り立つよう
犬猫オークションは、法律で禁止としてください。
トレーサビリティの確保にも役立ちますし、悪質で違法な業者が紛れる事も防げます。
(オークション市場が取扱業に含まれていなかった事知りませんでした。 Orz  つかもう廃止希望。)
(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
流通・販売させる幼齢個体を親等から引き離す日齢の制限に賛成です。
日齢の設定については、海外の一部でも既に事例のある8週齢以降とし
規制の手法は、強制力のあるものにすべきです。
(ここ、大切なところです。この(5)ひとつでいいのでチラリとメールしていただけたらありがたいですm(_ _)m)
(6)犬猫の繁殖制限措置
繁殖業者に対して、犬猫どちらについても、初回繁殖年齢の設定、動物の繁殖回数及び繁殖間隔について規制を導入する事に賛成です。
事業者の自主規制に任せるべきではありません。
海外の事例に倣い、法律で制限してください。
(パピーミルは絶対撲滅。その第1歩。)
(7)飼養施設の適正化
適正飼養の観点から、動物種や品種に合わせた施設、檻・ケージ等のサイズや温湿度設定の数値基準を法律により規制してください。
対応基準が明確になるため、多角的な数値化(例:アンモニア濃度等)に賛成です。
対象動物は、犬猫うさぎに限らず、哺乳類、鳥類、爬虫類としてください。
(大量飼育を不可能にするために必要です。)
(8)動物取扱業の業種追加の検討
①動物の死体火葬・埋葬業者
既に死亡した動物を取り扱う業を本法に含めるべきではないと考えます。
関連法の範疇では?
②両生類・魚類販売業者
遺棄、放流等により生態系を破壊する事例が増加しているため
動物取扱業に含め、販売説明責任を果たさせるべきです。
③老犬・老猫ホーム
動物取扱業に含めるべきです。
動物のケアが長期に渡ったり、疾病管理をすることが利益にならないので
故意に殺したり、病気や怪我を放置したりする事の無いよう
通常の取扱業とは別の、厳しい規制を設けるべきです。
④動物の愛護を目的とする団体
動物取扱業に含めるべきです。
一般的な動物取扱業とは異なる規制には賛成ですが
詐欺まがいの団体がきちんと排除されるようなしくみが必要です。
⑤教育・公益目的の団体
動物取扱業とする必要は無く、取扱責任者を置く等の対応で良い。
(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
種の保存法、外来生物法、鳥獣保護法、狂犬病予防法等、関連法令違反時における、動物取扱業の登録拒否または登録取消の規定に賛成です。
法第12条、第19条に新たに明文化してください。
(10)登録取消の運用の強化
行政の立入検査は必ず抜き打ちとし、法令違反の改善指導に従わない場合、即座に登録取消とすべきです。その際、民間獣医師等の専門家に助言を求める体制確保に賛成です。
より迅速に登録取消措置ができるよう改善してください。
(11)業種の適用除外(動物園・水族館)
公的な施設であっても動物園・水族館は、動物取扱業の最たるものです。
法の監視が必要です。適用除外に反対です。
(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)
動物取扱責任者研修を、業種によって適正な細分化をすることには賛成ですが、現行の年1回3時間以上の研修を基本として、さらに具体的な業種間での研修を年数回行ってください。
緩和ではなく、強化です。
(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)
小鳥、小型哺乳類、爬虫類、両生類等は、犬猫ほど飼育方法や生態が知られていない場合もあります。犬猫以外の安価な小動物の販売時説明義務を緩和すべきではありません。
むしろ、より詳細な説明を行うべきです。
(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)
犬猫等の家庭動物は十数年の寿命を持ち、その間に明らかに防げるはずの疾患や問題行動等があれば、飼い主となる消費者に多大な精神的経済的負担をかけることから、知識も良識も倫理観も無い業者は徹底的に排除するべきです。
現行の登録制から今回の改正により、許可制へ、後に免許制にしていく必要があります。
おテテ揃えて凪たんカワイーねー。
20110805_125753_0003.jpg
1匹でも多く、悲惨な生活から抜け出せますよう( ̄人 ̄)
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


動物関係団体パブコメ告知の有無。

Posted on

◇ジャパンケンネルクラブ JKC 告知アリ
 
応募された意見は、今後の法改正の資料となります。
同法の改正は、動物取扱業を営まれている方に大きな影響を及ぼしますので、自らの問題として、ぜひたくさんのご意見を環境省宛にお寄せください。
◇公益社団法人日本愛玩動物協会  告知アリ
  (愛玩動物飼養管理士)
◇財団法人 日本動物愛護協会 告知ナシ
◇公益社団法人 日本動物福祉協会  告知ナシ
◇公益社団法人 日本動物病院福祉協会  告知ナシ
◇動物との共生を考える連絡会  告知ナシ
◇社団法人 東京都家庭動物愛護協会  告知ナシ
◇公益社団法人 Knots  告知ナシ
◇ペット研究会「互」  告知ナシ
◇動物愛護管理法を見直す会  告知ナシ
◇非営利一般社団法人日本動物虐待防止協会  告知アリ
(上記2団体は母体が同じ?乱立中)
あ・・・自分メモです(笑
動物福祉、動物愛護と謳っていて、パブコメ告知してないってのはウソだと思う。
寄付も募ってるのでご注意ください。
JKCはまぁ、業者さん向けの告知で、当然ですね。業者さんだから。
あ、我らが地元しっぽの会はもちろん告知アリ。
実際飼育施設持ってて、パブコメ&署名などにも尽力、会計報告もきちんとアリの優良団体と思います。
寄付するならこういうとこです。
夕方のお散歩。
20110824_182746_0011.jpg
うちの凪ちゃんて、顔が可愛いと思うのよね。うん。
決して親のひいき目ではないと思う。
だって、じゅぴの顔はあんまり可愛いと思わないもん(笑
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


おめでとう&ありがとう。

Posted on

待っていたよ。

犬を劣悪環境で飼育、ブリーダー登録取り消し
繁殖用に飼っている小型犬約70匹の管理が不適切だったとして、徳島県は8日、徳島市昭和町7のブリーダー「ペットショップ八光」=高島明代表(82)=に対して、動物愛護管理法に基づいて動物取扱業者の登録を取り消す行政処分をした。
 数年にわたって定期的にケージの掃除をせず、劣悪な環境で小型犬を飼育していたという。取り消しは最も重い行政処分で、環境省によると全国初。
 県によると、県動物愛護管理センターが3月中旬、「異様な鳴き声がする。動物虐待では」との通報を受け、業者宅を立ち入り調査。施設内にチワワ、シーズーなど小型犬約90匹がケージで飼われ、それらの床には汚物が積もり、犬も汚れていた。
 業者は2007年の登録時は30匹を飼育。当時の県の立ち入り検査では、問題はなかったという。
 県は、同法に基づいて改善を勧告したが、業者が改めないため、6月17日に業務停止を命令。業者は犬の譲渡を進め、6月末現在で67匹に減ったが、飼育環境は改善しなかったため、登録取り消しを決めた。取り消し日から2年間は再登録できず、営業できない。
 県は「犬たちを劣悪な環境から一日も早く助けたい」といい、犬を保護して同センターに一時収容する予定。犬の清掃や健康診断、飼い主探しに民間団体や県獣医師会の協力を求めていく。県内のほかの登録業者にも、緊急立ち入り検査を行っている。
 環境省は「二度と同じような違法業者を出さないためにも、厳格な対応が必要。県の処分は適切だった」と評価している。
(2010年7月9日15時19分 読売新聞)

元記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100709-OYT1T00293.htm
>取り消し日から2年間は再登録できず、営業できない。
たった2年間てのと
>犬の清掃
って表現が気になるけどね。
進歩を素直に喜んでいます。


北海道 あいがん動物を守る ☆ しっぽの会 ☆

Posted on

バナーができたもようなので、早速リンク貼らせていただきます。
いわゆる犬猫保護シェルター。

北海道 あいがん動物を守る ☆ しっぽの会 ☆

ずっと、何かできる事はないかなと
道内の愛護家や団体をリサーチしていたんだけど
なかなか無くってねぇ・・・たどり着いたところはにゃんこ先生だったりして( ̄∀ ̄;)汗
最近、見つけましたよ。札幌近郊です。
アークエンジェルズ以来、もう絶対に、自分の目で見たもの、
自分で聞いた事しか信じない事にしましたし
愛護団体は、最初から「怪しい」と言う目で見るようにしました。
AA以外でも結構過去にバカをみたような気がするから(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
(確信じゃないにせよ)
しっぽの会はね、札幌近郊って事で、実際に行ってみて犬猫たち見て
代表の方やスタッフの方ともお話させていただきました。
その上で、是非是非応援したいと思いました。
札幌の管理センターのサイトで見た顔が、こちらの里親募集の子として
載ってる事もあります。
色々お話聞いてると、子犬や純血種は、センターから直接引き取ってくださる方も
(アタシが思ってたよりは)多いらしく
それ以外の、本当にギリ!の子が、運が良ければこちらへ連れて来てもらえてるようです。
犬や猫が好きな方は、是非関心を持って覗いてみてください。
巡り巡って、回り回って
自称「ペット好き」のアタシ達の尻拭いをしてくれてるんだと思っています。
バナーはしばらく上げといてそのうち横に移動予定ー♪