おさがり。

Posted on
DCIM1483.JPG

じゅぴのおさがり、もらってもらったよ。
伝説のショップ、モビー産。

兵庫県警に、「アニマルポリス・ホットライン」なるものができるそうだよ。

アニマルポリス・ホットライン:全国初、動物虐待通報窓口 県警、悪質化抑止で設置−−来月から /兵庫
毎日新聞 2013年12月20日 地方版

 県警は来年1月6日から、ペットや野生動物への虐待について専門に受け付ける電話「アニマルポリス・ホットライン」を全国で初めて設置する。悪質なケースを速やかな捜査に結びつけ、重大犯罪の前兆をつかむ機会にしたい考え。動物愛護の機運を高め、被害を抑える狙いもある。

 ペットの飼育放棄や遺棄、劣悪な環境での飼育などの動物虐待は、周辺の環境を悪化させるだけでなく、住民に不安が広がり、治安の悪化に結びつく恐れがある。通報先がはっきりしないことで、発覚が遅れる可能性も指摘されていた。

 県警によると、県内で今年1〜11月に見つかった動物の遺体のうち、11体で虐待が疑われるという。昨年6〜8月には、加古川市や高砂市で切断された猫の遺体が相次いで計10体見つかる事案があった。

 通報は県警本部(神戸市中央区)の生活経済課で受け、警察官が内容の深刻さによって種別する。悪質と判断したケースは、管轄する警察署に連絡して捜査に取りかかる。緊急性が高くないものは県の担当課と内容を共有し、動物保護や飼い主への指導に生かすという。

 ホットラインの番号は078・371・8974(平日の午前9時から午後5時半まで)。【宮嶋梓帆】

 ◇「法律の能動的運用へ画期的」

 動物虐待をめぐっては、9月に施行された改正動物愛護法で罰則が強化され、飼い主が犬や猫を最期まで飼育する責務が規定された。しかし、飼い主の身勝手な行動は後を絶たないのが実情だ。

 環境省によると、2011年に全国で引き取った犬と猫は約22万1000匹に上る。うち約8割の所有者が分からず、多くは飼い主から捨てられたとみられるという。このうち殺処分された犬、猫は約17万4000匹となっている。

 米国では動物虐待を取り締まる「アニマルポリス」が多くの自治体で設置されている。市民からの通報などで現場へ出向き、逮捕や捜索など強制捜査の権限を持つ。

 動物愛護問題に詳しい植田勝博弁護士(大阪弁護士会)は「動物保護の法律を能動的に運用する画期的な取り組み」とホットラインを評価し、「悪質な虐待には警察が積極的に介入してほしい」と期待している。

〔神戸版〕

うらやましいね、こんなのできたらわんわん救助隊すぐ捕まえてもらうのにね。
でもねー捕まえたところで何にもならないんだけどね。